社会人になってから、全く彼氏が出来ないとのことですが、学生と社会人では環境が決定的に違うので、当然と言えば当然です。

学生は、男子校や女子校といった特殊な環境で無い限りは、常に同年代の男女が沢山同じ空間にいます。

 

社会人になって、こういう環境がある職場というのは、まず無いと言って良いでしょう。

 

また、同年代の男女ゆえ、話題も自然と近いものになるだけでなく、仮に趣味や考え方が合わないような人がいたとしても、学生である以上、学校・勉強・受験といったような共通の話題が必ず存在しているので、そこを入り口にして相手を深く知っていくことが出来るのです。

 

実際に、学生時代にできた友人や恋人は、趣味も考え方も全然違ったけど、凄く気が合うので、社会人になってからも付き合いが続いているというパターンも多いはずです。

 

しかし、社会人になるとそう上手く行きません、不況の昨今、採用状況の関係上、若い人程同年代の社員が少なくなる傾向にあります。

 

また、同年代の人がいたとしても、会社という括りの中だと、恋愛に発展させる以前に、仕事を一緒に行う同僚であるという認識が先に来るだけでなく、仮に相手のことが少し気になっていたとしても、告白して断られた場合に、今後の仕事がやりづらくなるという部分もあり、学生のようにダメ元でアタックというわけにもいきません。

 

以上の内容からわかるよう、社会人は学生に比べると、圧倒的に出会いが少ないのです。

 

この状況から脱するには、友人から良い人を紹介してもらったり、合コンをセッティングしてもらう、婚活パーティーや街コンに参加する、ネットのサイトやSNS等で自分の趣味を通じた知り合いを増やし、オフ会に参加するといった感じで、自分から出会いを探しに行く必要があります。

 

良い出会いを求めて、どんどん外へ出て行きましょう!